メニュー 閉じる

民泊の営業準備中です

こんにちは、濱﨑です。

民泊始めます

僕が音威子府村で始める事業の第一弾として、民泊の営業を計画中です。

僕が暮らしているこの建物、実は昔、合宿所として使われていました。
鉄道関係の作業をする人が泊まる場所として使っていたとのことなのですが、今は工事も終わり、稼働させていなかったようです。

この合宿所、現在は壁が一部壊れてしまっています。古びた印象を受ける建物かもしれませんが、リフォームの計画をしており、それまでの期間はお安くします!

なぜ民泊をするのか

音威子府村は北海道で一番人口が少ない自治体なので、人が減って空き家がたくさんあるガラガラの村なのではないかという想像をしていました。
しかし実際に住んでみて驚いたのは、逆に住宅が不足していて、「夏の間だけ村に来たいんだけど住む場所がない」「村に来た時に泊まる場所が少ない」という声が多かったことです。
ここに、泊まれる施設の需要があるということを感じ、民泊を始めるきっかけになりました。

はじめは「音威子府村に来たい」と元々思っている人に宿泊場所を提供する形になると思います。
今後はそれと並行して、「今の所音威子府に来る予定はない」という人に向けても、音威子府に来てみたいと思ってもらえるような、楽しめるツアーやアクティビティ企画していけたらと考えています。
よければ、ぜひ遊びに来てください!

大学2年生です。休学してこのプロジェクトに参加しました。
詳しい自己紹介はこちら